ぼくが金魚になったらば 可愛い子供の朗読です

子供はくうそうがだいすきです。僕、きんぎょになったら、どうだろう。なつめそうせきの「わがはいは猫である」みたいに空想した子。彼はどんな空想の中にいたのかな、楽しかったかな?さびしかったかな?聴いてください。
トンボの作詞集には、子供向けの、童謡とよべるものがたくさんあります。その作詞を小学生、保育園児、幼稚園児が朗読します。ちょっとつっかえたり、漢字の読みが遅れたりもあるかもしれませんが、一生懸命な朗読、聴いてください。

トンボの作詞集はジャンル別、三部に分かれています。一部はアイドルの歌や花の歌、青春の歌詞などさわやかな作詞、J-popを集めました。
ほろっ、とくる作詞、ジーンとくる作詞、メロディをつけて歌いたくなるような作詞もあることでしょう。
二部の演歌、歌謡曲、三部は童謡、子供の歌の作詞
友人知人の皆さんから幼児、小学生などが誠実に朗読してくれました。
どうぞ聞いてください。